TSについて

最近TSについて相談を受けましたが、TSは必須ではないです。あれば便利くらいに思って下さい。
実際使っている人もそこまで多くありません。
私自身もいつもTSにいるという訳では無くたまに入るくらいです。(神殿上とかいくときに)

有った方がたしかに便利ですし、ヘッドセットなくても聞いてるだけ(聞き専)でもなんとなくわかるかなって感じです。
インストール方法などは上の固定欄に導入方法を簡単に書きましたが、他サイトで分かりやすいところが有ればそこを参考にしてインストールしても良いと思います。
ID,PASSについては固定欄の導入方法にしか書かれていませんのでそちらを確認してもらえればと思います。

サーバ自体は私の自宅にあるLinuxですが、Fedoraのため結構アップデートが頻繁にきます。
そのためアップデート後再起動という流れで回線が切れることも多々あるかと思います。
出来る限り行う前にTS内に声を掛けるようにしますが、いきなりということもあるかと思いますのでご了承下さい。
(自動アップデートではなく手動アップデートなので)

音質は10段階中6で設定しています。携帯電話よりちょいいいくらいの音質なのでそこは大丈夫だと思います。
接続最大人数はTSの既定で32人となっています。

もし、他ギルドの方、フレ、野良で使った方がいいと判断した場合などはTSに別途部屋を作ってありますので、そちらへ誘導してあげればokです。
TSの利用は基本自由です。
TS自体を設定できるのは、私とやまとさん(つい最近権限付与しました)だけですが、権限付与はいつでも出来るので言ってもらえれば対応甚します。

TS(TeamSpeak3)の導入を是非

ギルマスです。
是非、TSの導入をよろしくお願いします。

上のリンクにTSの導入方法が書かれています。

まず
Windowsの32bitOSは これ をダウンロードします
Windowsの64bitOSは これ をダウンロードします

32bit/64bitの確認方法は、Windowsキー(■が4つあるキー、一番左下のCtrlの横にあることが多いです)を押しながらPauseキー(デスクトップPCならば、右側のInsert、Home、Page Upと並んでいるところのPageUpの上側、ノートPCの場合は、Fnキーを使ってPauseキーを押します)を押すか、Windowsメニュー→コントロールパネル→システムを開くか、デスクトップに出ているコンピュータアイコンを右クリックしプロパティを開くかで開ける画面に「システムの種類」という欄に32/64ビットオペレーションシステムと記載されています。

ダウンロードが終わったら実行します。

ファイル名は
32bitだと、TeamSpeak3-Client-win32-3.0.18.2.exe
64bitだと、TeamSpeak3-Client-win64-3.0.18.2.exe
になります。32bitOSで64bitOS用を入れようとしてもインストール時に弾かれますのでそっちの方が分かりやすいかもしれませんね。

実行するとインストール画面が出ますので、上記リンクのTSの導入方法を参考にしてインストールします。

終わったら、日本語化した方が見やすいので、ランゲージファイルをインストールします。

これ をダウンロードします

141029_for_3016.ts3_translation
こんなファイルがダウンロードされますので、ダブルクリックをして実行します。
そしてInstallボタンを押します。

以上でTSのインストールが完了です。
詳しい説明は上のリンクのTSの導入方法を参照して下さい。

必要なファイルは、上のexeファイルと、ts3_translationファイルの2つです。

終わったら、実行し、日本語になっていることを確認してから、「接続」を選び接続先は上記TS導入方法のページに書かれている内容を入れて接続するだけです。

あとは、ヘッドセットがあれば会話が出来ます。
なければ聞くだけになりますけどね^^;
ノートPCの場合本体にマイクが入っている場合があります。それを利用することも出来ます。
ヘッドセット自体はAmazonなどで2000円~3000円くらいで入手できます。

是非TSを導入し、IDにいきましょうー。

2016/3/19にバルロナへ行った際、3人がTSで会話しながらIDへ行ったので、非常に楽に進めることが出来ました。
全員TSだともっと楽だと思いますので是非導入を検討してみて下さいね。

ボイスチャット TS3

サーバ側の設定は終わったと思います。

詳しくは上の「ボイスチャット TS3(Team Speak 3)」をクリックして見てください。
インストール方法などを書きました。

デフォルトで「雑談用1」というチャンネルに入ります。

ID用に2つチャンネルを設けました。
これはいくつでも増やせるので増やしてもらってもいいです。

どなたかTS3を入れた方テスト確認がしたいのでおつきあいお願いします。

マイクやスピーカ(イヤホン)の設定等少々あると思いますが、そこまで面倒ではないと思います。
私としてはこれを当ギルドの推奨としていきたいです。

ギルド以外はスカイプなどで^^

便利なので、入れておくと良いかもです。

ボイスチャット

■TS3

ボイスチャットTS3(Team Speak 3)のサーバを立てました。

よろしければ使ってください。

TS3は30名ほどが同時に話せるインターネット会議室みたいなものだと思って頂ければいいと思います。

ケルやメルなどで話ながら攻略したいとかで使いたいときにどうぞ。

もしくは初心者さんに色々教えたりするときでもいいかもしれません。

TS3クライアント
http://teamspeak.com/?page=downloads

1

OSが32bitか64bitかで変わってきますが、Clientとかかれたものをダウンロードします。
どちらか分からない場合は32bitでいいと思います。
2
I agreeにチェックを入れてSubmitボタンを押します。

3
ここでは「No thanks, take~」ってのをクリックします。

そうすると画面が変わって自動的にダウンロードが始まります。もしくは保存先を聞いてきます。
保存後、「実行する」やそのファイルをダブルクリックして実行します。

実行すると以下の画面がでます。
4
Nextをクリックして進みます。
5
I Agreeをクリックして進みます。
6
Nextを押して進みます。
7
ここもNextを押して進みます。
8
ここもNextで進みます。
9
Installを押して進みます。
10
Closeを押します。

デスクトップに「TeamSpeak 3 Client」というアイコンが出来ていると思います。

日本語定義ファイル
http://www.arcenserv.info/forum/download/file.php?id=106

上のリンクをクリックすると自動的にダウンロードが始まります。
「実行する」やファイルをダブルクリックで実行します。
11
Installを押します。
12
はいを押します。

ここまででインストールは完了です。

クライアントを起動します。
13
メニューの接続から接続を選択します。
15
サーバ:oohara.jp
パスワード: tera-anata
といれて、ニックネームにキャラクタ名などをいれるといいと思います。
そして「接続」を押します。
正常に繋がると
16
のようになります。

なにやらキーを聞かれたらたぶんキャンセルでいいと思います。

以上で導入まで終わりました。

サーバはLinux Fedoraですので24時間起動しています。

接続確認までしかしていないので、まだ出来るかどうか分かりません。
どなたか暇な時にテストに付き合って頂けると嬉しいです。

上のパスワードを入れるとキーを求められる画面が出る時があると思いますがキャンセルでお願いします。

■スカイプ(Skype)

スカイプの私のIDは
hiya__
です。登録自由なので、登録しておいてもらって全然大丈夫です。
もし見つからない場合は
ひーや
で検索してください。「ひーや(白河ことり)」というのが見つかると思うのでそれがそうです。
サムネイルが声優の「竹達彩奈」さんになってます。
最大5名ほどで会話ができたはずですので、こっちでも良いかもしれませんね。